看護師

看護師を辞めたいと思った時に読んで欲しい!転職は恥ずかしいことではない

みんなで転職しよう!

突然ですが、看護師を辞めたい

看護師をしている方であれば、誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

新人看護師なら

自分だけ、夜勤が入れなかった。

いつまでも先輩の目が離れず、むしろ目をつけられた。

同期と比べられて辛い。

なんて悩む人もいると思います。

中堅看護師であれば、

我慢して何年もこの病院に貢献してきたけどやっぱり周囲と気が合わない!業務がきつい!

経験年数が増えるほど責任が重たい!

看護師を辞めたいと思うことってありますよね。

私も看護師の仕事を辞めたくて仕方ありませんでした。

でも、看護師を辞める前に必ずと言っていいほどおすすめしたいことがあります。

それは、まず転職してみることです。

今逃げても、どこに行っても状況は変わらない!?

果たして本当にそうでしょうか。

私は看護師の転職に関してこう思っています。

転職は逃げでも恥でもない!むしろ看護師は転職に強い職業だから積極的に転職してもいい!

では、私がなぜ転職が逃げでも恥でもないと思っているのか?

実際に看護師をしていて感じたことや、転職した看護師の実体験と一緒に紹介していきます。

看護師を辞めたいと悩んでいるあなた。

転職になかなか踏み込めないあなたにぜひ読んで頂きたいです。

なぜ看護師の転職は逃げでも恥でもないと思うのか?

なぜ転職は逃げでも恥でもないと思うのか?
実際に病院に入職してみて

仕事が本当につらい

もしかして、看護師の仕事は私には向いてないのかもしれない。

そう感じることってありますよね。

でも、そう悩む度に周囲からは

先輩A
先輩A
せっかく看護師になったんだからもったいない。すぐ辞めるなんて恥ずかしい。
先輩B
先輩B
今辞めてたら逃げになるよ。そんなんじゃどこに行っても通用しないよ。

こんな言葉があなたの転職や看護師を辞めたいという気持ちを揺るがしていませんか?

あー、看護師を辞めるのって恥なのかな。

転職するのって逃げなの・・・?

いえいえ!そんな心無い言葉鵜呑みにする必要ありません。

自分の人生は自分で切り開く。

行動してみないとわからない!

宝くじだって買うという行動を起こさないと人生変わらない!!

好きなあの子に告白しないと、他の奴に取られちゃう!!

どれも自分が行動しないと変わらないですよね。

病院の種類、機能や役割はバラバラです。

そして、私たち看護師の性格や価値観もバラバラです。

自分に合った病院かどうかが大事なのです。

自分の本来の性格を理解していますか?

高望み、背伸びして病院を選びませんでした?

実は入職した時点で病院選びを間違えていたかもしれませんよ?

そう思えば、転職に対してイメージが変わってきませんか?

看護師の仕事は多忙で大変ですし、人間関係の悩みも絶えません。

看護師を辞めたい、向いてないかもしれないと悩むことも多いですよね?

でも、私はこう思います。

看護師が向いていないんじゃなくて、病院があなたに向いてないんじゃないでしょうか?

病院の機能や役割、はたまた病棟の環境、性格の悪い看護師たちが多い病院だってあります。

看護師の仕事はどこの病院も人手不足ですから引く手あまたで、転職があたりまえのように繰り広げられています。

病院の数はたくさんあるし、看護師の仕事は病院以外でも求められたりしています。

そして、結婚や出産などライフスタイルの変化によって病院を転職することはあたりまえのように繰り広げられています。

なので病院が合わないと思えば、転職してもいいんです。

転職は逃げでも恥でもなければ、新しい挑戦であり、自分の性格に合った病院探しの旅の始まりなんです

ここからは、なぜ転職を前向きに応援しているのか実体験を用いて紹介していきます。

背伸びして入った病院で看護師を辞めたいと思う日々が始まる。

背伸びして入った病院で苦労の日常

私は新人看護師の頃、本当に本当に看護師を辞めたくて仕方ありませんでした。

結局、まわりから言いくるめられて、5年は続きましたが振り返ってみて、

私の性格にはその病院は合っていなかったんだなーと強く感じます。

辞めたい、辞めたいと言いながらずるずる5年は経ちましたが、何度も体調は崩し、胃痛はひどい。

生理は乱れる。不妊症になる。甲状腺の病気になるし。顔のしわは増える←(え?)

散々な5年間でした。

くまえもん
くまえもん
えっ、顔のしわって関係ある…??
くまみ
くまみ
夜勤で肌の調子いっきに悪くなったんだもん。

急性期の病院だったのですが、目まぐるしく変化する日々に疲れ、私の性格上、急変対応も苦手だし、徐々に慢性期やリハビリ期の病院に転職したいと考え始めました。

というか最終的な結論・・・

入職した病院を間違えたなと思いました。

看護師を目指すと考えたら、やっぱり誰もが急変にささっと対応できて、なんでもこなせる看護師になりたい!そう思いませんでしたか?

私も看護師という職業に対して憧れを抱いていました。

最新の医療や看護技術を身につけ、急変対応もできる看護師

看護師のエキスパートになる!!!

そう思い、背伸びして急性期の病院に就職しましたがもう地獄でした。

もっと、自分の性格を踏まえて病院を選んでいれば地獄に感じなかったでしょう。

まぁ、結局、不妊治療優先するために看護師リタイアしましたが…

さてさてなぜ、地獄に感じたか?

まず、急性期の病院は様々な症例を経験します。

それだけの症例をまず勉強しなければなりません。

新人の頃だけでなく、何年経っても勉強しないといけません。

せっかくの休日でも週明け担当する初めての症例を勉強したり、研修や委員会の調べもの最新の看護エビデンスなども勉強しました。

プライベートが削られることに負担を感じていました。

そして、なによりも重症患者が多いんですよね。

自分のささいなミスで生命に関わるような侵襲の高い医療行為。

臆病な性格の私はもうほんとビクビクして、神経をとぎすませ重症患者さんを受け持っていました。

仕事が終わった時には、張り詰めていた緊張がとけて、どっと疲れます。

しかし、家に帰ってからも、あれやったかな?これやったかな?

もし、観察不足で患者さん急変してたらどうしよう・・・

と恐怖でプライベートでも仕事のことが頭から離れないこともありました。

そして働いてみて気づいたのですが、患者さんがリハビリを頑張って自分で歩けるようになったり、食事ができるようになったりする姿を見るのが本当に好きで、

日常生活動作(ADL)の向上を考えるケアにやりがいを感じていました。

しかし、急性期の病院はADLが向上する前に、早々に慢性期の病院やリハビリ病院に患者さんは転院してしまうのです。

もっと、患者さんの回復を見ていたかったのにと、やる気を削がれることもありました。

急性期の病院で学ぶこともありましたが、初めから回復期の病院であれば、もっとやりがいを感じていただろうし、プライベートも充実していたかもしれない。と後悔するようになりました。

ここからは実際に転職した実体験を紹介していきます。

実体験①新人看護師が先輩に嫌われ転職していった話。

勉強が苦手な新人が目をつけられ転職していった
とても明るくて、笑顔もすてきな看護師の女の子。

私より一つ下の新人看護師でした。

患者さんとのコミュニケーションも良好でしたが、なんせ勉強が苦手だったみたいです。

急性期の病院は日々勉強の世界です。

看護の質の向上や常に高いスキルを求められます。

勉強が苦手なのに、なんで急性期の病院に来ちゃったんだろう・・・

病院選びを間違えているパターンですよね。

この新人看護師、採血や日常生活のケアなどはばっちりできるんです。

でも、病態や看護の勉強をしてこないから、患者さんの観察をさせてもらえないんです。

毎回、先輩から質問されても、答えられず。

勉強してきてと言われても、たいしてして来ない。

そんなの先輩たちの逆鱗に触れますよね。

患者さんの受け持ちはさせてもらえない。

夜勤は一度も入らせてもらえない。

しまいにはナースステーションで先輩に大声で怒鳴られたり、挙句の果てには無視されたり。

上司
上司
毎日雑用ばっかりで給料どろぼうじゃん。
先輩
先輩
看護師向いてないんじゃない?あんたなんかどこに行っても一緒だよ。

いじめのような感じになってしまいました。

この新人看護師と話した時に、自分なりに勉強はしているみたいですが、周囲の求める答えが高すぎたり、勉強が間に合わないと言います。

確かに!私も新人の頃は地獄のように勉強しました。

寝不足になることもありました。

先輩たちの求めるものが高すぎて、つらかったのもわかります!!

急性期の病院だったり、名の知れた病院だったりすると、高い看護の質が問われます。

また、プライドの高い看護師たちが多かったりもしますので、求めるものがとても高かったりするんです。

しかし、怒鳴られたり、無視されたり、さすがに耐えれなくなったようでとうとう転職することになりました。

看護師を辞めるんじゃなくて転職する道を選んだことに私はすごい!と思いました。

無事に転職してから、今でも看護師を続けていると聞きました。

新しい病院はきっと新人看護師の性格に合ったんだと思います。

実体験②臨機応変が苦手で急性期に向いていなかった新人看護師

計画以外のイレギュラーに対応できない新人
次に紹介する新人看護師はある程度自立はしていましたが、ある問題を抱えていて、完全に先輩の目が離れることはありませんでした。

ケアの計画を立てて実行はできるが、突然のナースコール対応や状態変化に対応ができない、いわゆる臨機応変ができないのです。

例えば、計画通り患者さんの全身清拭と寝衣交換をしている時です。

メインの点滴がちょうど終了してしまい、新人ちゃんはどうしたらいいかわからなくなって頭が真っ白になってしまったそうです。

もちろんケアを始める前に点滴の残量を見て、先に点滴更新しておくとか、

まだ点滴が少しでも残っているなら滴下量をしぼってルートがつまらないようにしてケアを続行する。

一旦、ケアを中断しすぐさま点滴を更新するなど、いくらでも対策方法はあります。

でも、この新人ちゃんは計画していたこと以外に対応ができないのです。

自分の仕事で手一杯で、イレギュラーが発生すると何もできなくなってしまうため、先輩からは目が離せない、手がかかる。

いつまでたっても仕事ができないと思われてしまいました。

看護技術は一通りできても、急性期の病院ですので、イレギュラーなことはたくさん起きます。

このままでは急変対応なんてとうてい無理。

師長は新人看護師に

師長
師長
あなたは急性期の病院には向いていないと思う。療養型とか他の病院で一度やってみたら?

そう言われ、療養型の病院に転職していきました。

でも、師長の言う通り、転職先では続いているみたいです。

師長の発言はけっこうきつい言葉のように思いますが、新人看護師のことを思うと、的確な判断だったなと思います。

実体験③残業や多忙な業務に悩み、転職した中堅看護師

看護師辞めたい転職

知り合いの中堅看護師の話です。

彼女は急性期病院に勤めていて、看護師の仕事に夢中になっていました。

でも、結婚を機に仕事よりも家庭を大事にしたいと考えるようになります。

残業や多忙な業務、プライベートでも研修の準備などにより家事が疎かになることが辛いと感じはじめ、そろそろ子供も欲しいし急性期病院に勤めていることに悩んでいました。

さらに、彼女を悩ませたのが子育てと両立して働きやすい環境ではなかったことです。

独身スタッフばかりの急性期病院で、子育てをしているスタッフが少なく、子供の発熱で仕事を休んだ看護師の悪口を言う始末。

そんな環境で子育てをしていくのは不安ですよね。

そんな時にたまたま見つけた看護師の求人情報。

残業もなく、業務も落ち着いてそう・・・

病院見学に行ってみると、子持ちのスタッフも多くみんなが早く帰宅できるように協力的。

そして、すぐにでも採用するから来てほしい!と熱烈歓迎!

しかも給料もいい!!

思い切って療養型の病院に転職しました。

夜勤はスタッフの人数が少なく大変なものの、夜勤手当は厚く、業務も急性期病院より単調で残業もほぼなく定時で帰れることが増えたと言います。

残業は減ったのに、収入はアップし家族と過ごす時間が増えたと、とても喜んでいました。

まとめ

看護師に向いてないかも、と思い悩んでいた新人看護師も転職してみると病院との相性が良かったパターンもあります。

また、中堅看護師も結婚や出産などのライフスタイルの変化に合わせて転職することで、プライベートが充実した例もありました。

紹介したように、思い切って転職して成功している人もいます。

せっかく入職した病院を辞めるのは恥ずかしい。

病院を転職するなんて逃げみたい。それに結局どこに行っても一緒。

なんて、思いながら先輩からのいじめに耐えて働いていませんか?

人間関係に悩みながら、無理して働いていませんか?

あっちこっちの病棟を異動させられ、雑用だけ手伝わされる。そんな新人看護師も見たことがあります。

そこまでして、その病院に執着する理由なんてありませんよ。

自分が思い切って行動しないとその地獄からは逃れられません。

ましてや、心の病や体調不良に陥ってしまう場合もあります。

看護師を辞めることは、ぜんぜん逃げでも恥でもありません。

でも、看護師を辞める前に一度病院を変えてみてください。

病院によって、働く環境や人も違います。

あなたの性格に合った病院が必ずあるはずです。

病院といっても急性期、回復期、慢性期、療養型などたくさんの種類があります。

転職応援!各病院の特色やメリットとデメリットをわかりやすく紹介!こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです。 前回、転職は逃げでも恥でもない!と熱く語らせて頂きましたが (参照記事) ...

また、病院以外で看護師として働ける場所だってけっこうあるんですよ!

活躍する場所は病院だけじゃない!?意外な看護師の仕事を紹介!こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです。 みなさん、看護師を辞めたいと一度は思ったことありませんか? くまみは何度もあり...

看護師は国家資格で引く手あまた。一般職と違って転職に非常に強く、転職も当たり前のような世界です。

私の知り合いの看護師は飽き性で転職を繰り返すこと10回(笑)

転職は逃げでも恥でもなく、新たな挑戦であり、今の辛い環境を抜け出すための方法だと思います!

看護師を辞めたい。病院が合わないと感じる方は悩んでいる時間がもったいない!

一度転職を考えてみませんか?

ABOUT ME
くまみ
くまみ
急性期病院に勤務。中堅クラスになったのでそろそろ家庭を優先しようと思い、不妊治療目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に注目していた。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。