あるあるマンガ

看護師あるあるマンガ#10 嫌いな同期にしてやられた話

看護師あるあるマンガ10
くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

最近、漫画ネタを考えていて気づいたのですが、
やっぱり新人の頃の悩みやストレスが多かったように思います。

それほど濃い一年間でしたし、いろいろあったということなんでしょう。

くまみの同期は3人で、はじめは仲良く頑張ろう!と言っていました。

看護師あるあるマンガ#1
看護師あるあるマンガ#1 新人ナースの悩みとんでもない同期が現る! 看護師あるあるマンガ!記念すべき?第一弾です!! 趣味のマンガを交えながら『看護師あるある』紹介していきます! 素人...

しかし、同期のみい子と気が合わず、どんどん嫌いになっていきました。

先輩に媚を売り、同期なんてどうでもよくなってしまったみい子。

インシデントを上司に報告せず帰ったり、

くまみ
くまみ
媚を売るのが苦手で、責任感が強いくまみとは正反対の性格!

今回のお話はまだみい子のことは嫌いになっていない初期の頃の出来事です。

ある日の日勤の申し送り。新しい処置褥瘡

プリセプターから

プリセプター
プリセプター
経験したことのないケアや処置があれば積極的に先輩に声をかけて見学や参加していってね!

と言われていました。

ある日の日勤の申し送りで
褥瘡のある患者さんがいると聞きました。

ちなみに褥瘡とは、別名床ずれとも言われ、
長時間同じ体位で皮膚が圧迫され血流が滞り、皮膚障害が起きることです。

発赤から浸出液、最悪の場合は壊死まで引き起こし
放置していると生命に関わることもあります。

私たち看護師は自己体動がとれない患者さんに、
約2時間毎に体位変換を行い褥瘡予防を行なっています。

そのため、褥瘡をつくることは『看護師の恥だ』という言葉があるぐらいです。

くまみが働いていた急性期の病院で褥瘡が発生することはめずらしく、
自宅で急変して意識を失い、発見されるのが遅くなったりすると褥瘡を作っていることがあります。

こういったことを看護師は「褥瘡の持ち込み」と呼んでいます。

急性期の病院では褥瘡の頻度は少なく、
処置の見学や参加をしたいと思いました。

新しい処置の見学をお願いする新人看護師くまみ
みい子も気づき、一緒にお願いすることに…

この時は気づいていなかったのですが、
みい子は何かしら同期をライバル視し、
行動をよく観察していたようです。

くまみが先輩に声をかけるところも見ていたのでしょう。

一緒に見学させて欲しいと入ってきて、
まだみい子のことは仲間だと思っていたので、

単純なくまみは

くまみ
くまみ
一緒に見させてもらお

なんて言った自分がバカだったーなと後悔しました。

お昼休憩中に処置の予習をする新人看護師くまみ

さすがに無知識でケアに見学や参加するわけにもいかず、
厳しい先輩だと質問責めに合うこともあります。

勉強不足だと「そんなことも知らないの?」と嫌味を言われます(笑)

今回の先輩は怖い先輩ではなかったですが、
休憩時間に看護技術の本を読んで勉強していました。

一方のみい子はしょっちゅう先輩とランチに行っていました。

くまみも時々、プリセプターに声をかけてもらったりしてランチに行きましたが、
みい子ほどではありませんでした。

処置の見学を待っていると新人看護師くまみが担当のナースコール
車椅子の患者さんのトイレ介助をする新人看護師くまみ

もうそろそろ先輩から処置の声がかかるかなと思っていると、
受け持ち患者さんからナースコールが鳴っていました。

お手洗いに行きたいとの訴えで、
自分で起き上がったり、歩いたりできない患者さんだったため
車椅子の移乗からトイレまですべて介助を行いました。

でも、手すりを持ったり、支えれば何とか立ち上がることもできたので軽介助です。

そのため10分程度ナースステーションから離れていただけでした。

介助が終わり、ナースステーションに戻ろうとすると・・・

向こうから歩いてくるみい子と先輩。嫌な予感が…

病室から処置を参加させて欲しいと言っていた先輩とみい子が
いかにも処置が終わったであろうゴミ袋を持って歩いてきます。

嫌な予感がしました・・・

しれーっとくまみを差し置いてケアの見学を済ませるみい子
看護師あるある。いいとこ取りの同期にしてやられる

処置するときに不在だったのは申し訳ないですよ。

先輩もケアの時間の予定がありますから。

でもみい子が「くまみ忙しそうですよ。」なんて言わず、
ナースコール対応で席外してるだけと言ってくれたら、

あるいは持ち歩いてるピッチに電話してくれたら
あと何分で戻れます!と言えて待っててもらえたのに・・・

あのしれーっとした顔忘れられませんよ・・・

仲間思いという言葉がみい子の中には一切ありません。

それからも、くまみや同期のウーサはみい子にはいいとこ取りやあざといことをされて
どんどん気が合わなくなって、嫌いになっていきました。

新人じゃなくなってからも先輩の機嫌は取るのに、
後輩には冷たい態度だったり見ていてイライラしました。

一方で、もう一人の同期とは、なんだかんだ気が合って
愚痴のこぼし合いや、ツライ時に支え合ったりと
同期らしく一緒に成長してきたと思います。

みなさんも、同期はぜひ大事にしましょうね!

看護師あるある8
看護師あるあるマンガ#11 結婚時に言われた同期のひどい言葉と衝撃の展開
>>次のマンガ

看護師あるある7
【看護師あるあるマンガ#8】ほんわかして平和な日常だってありますよ
<<前のマンガ

ABOUT ME
くまみ
くまみ
急性期病院に勤務。中堅クラスになったのでそろそろ家庭を優先しようと思い、不妊治療目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に注目していた。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。