恋愛

看護師の彼女と結婚は不安?結婚する前の心構えを知って夫婦円満な家庭を築こう!!

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

彼女が看護師だ!!
でも、結婚しても続くだろうか・・・

大丈夫かな?不安だな・・・

看護師の彼女と付き合っている人から
よく耳にします。

今回は事前に知っておきたい

お嫁さんにしたいナンバーワン!

看護師の彼女と結婚する時に
必ず相談しておくべきこと!
気を付けたいこと!など

心構えを紹介します。

実は看護師の妻をもつ家庭の

離婚率は高いのです。

家事分担の問題や休日が合わずすれ違い、
妻が多忙でイライラしていてうんざり。
それに看護師であれば夫がいなくて経済的に生活していけるため
容易に離婚を受け入れられやすいのです。

そうならずに幸せな結婚生活を手に入れるために、
まずはこちらの記事で看護師のお仕事について理解してください。

【お願い】看護師の彼女と付き合うなら知っておきたい看護師の仕事 看護師仲間からよく聞くのですが、 いざ、彼氏ができてもなかなか続かないという恋愛の悩みを耳にします。 別れる理由としてこ...

結婚してから結婚前のイメージとのギャップを感じてしまうと
残念ながらいい関係性を築いていけない可能性があります。

リアルな看護師結婚事情をご紹介していきますので、
看護師の彼女との結婚を考えているけど、不安な方
よろしければ参考にしてみてください!

好きで看護師してるなら別に大変じゃないでしょ、と思っていませんか?

看護師の仕事は患者さんの生命に関わる仕事、

また、人と深く関わり日常生活のお世話をするため

世話好きでテキパキしてそうだと思われています。

だから結婚したらいろいろ面倒みてくれそう、

パパっと家事もしてくれそう

それに憧れの看護師になれたんだから天職じゃん、

世の男性はそう思っている人もいるみたいです。

残念ながらそういったイメージを抱いていると

幻滅することになるかもしれません。

看護師は確かに世話好きでなければ務まらないところがあります。
しかし、小さい頃からの夢だった
病気になったときに看病してくれた看護師さんに憧れた。

そんな風に夢を抱いて看護師になる人たちばかりではありません。

実際に多いのは、やはり安定した給料に惹かれる人が多いのではないでしょうか。

また、けっこう多いのは親に言われた

家計が厳しい家庭で育ち、看護師になれば奨学金が免除されるから

という志望動機が多いのは実はリアルなところです。

看護師だからやりがいを持って毎日楽しく働いている、
すべての看護師がそうではありません。

仕事だから世話好きになれる、

というか仕事と割り切れるから世話ができる、

なぜ家に帰ってきてからも家族に世話を焼かないといけないのだろう、

と思っている人も少なくありません。

看護師という特殊な仕事だと言っても、
世間のみなさんと同じで生きるために働いています。

子供を養うために仕方なく働いている人もいます。

でも、ほかの仕事よりちょっとハードなんです。
ヘトヘトになって帰宅します。
残業だって多い時期もあります。

ヘトヘトで遅くに帰ってきて、
まともな料理を作るなんて
よっぽどのストイックガールですね。

看護師の事情を理解していないと

料理ぐらいきちんとしてよ!
いつも手抜き料理ばかり、うんざり。

仕事で疲れているのに、こんなことを夫に言われてしまうと
嫌気がさしてくるでしょう。

結婚しても彼女が看護師を続けていきたいかどうかは大事なところ。

共働きで男性が家事を分担してくれるなら
彼女たちの負担も減ると思います。

というか、彼女が看護師を続けたいのであれば

それ相応の覚悟は必要だと思ってください。

フルタイムの看護師であれば残業、夜勤は当たり前です。

彼女を手助けしてあげる必要があります。

もちろん家事も分担することになるでしょう。

しかし、未だに家事は女性がするものだ
自分の母親は全部してくれた、だから妻がするべきだ。

可愛い息子のために甘やかした結果、
家事が全くできない男性が急増しています。

くまみ
くまみ
実際に、友人の彼氏が人生でお風呂掃除を一度もしたことがなく、真冬で彼女が泊りにきてもお風呂を溜めれなかったとか(笑)

看護師の彼女にどうしても家事をして欲しいなら
看護師でもバイトやパートはありますので、

転職してもらう、

または男性側の収入に自信があれば専業主婦という手もあります。

しかし、そこは結婚する前にきちんと話合っておく必要があります。

なぜならバイトやパートは時短だったり、夜勤がなかったり、
プライベートの時間が増えることはメリットですが、

正直業務が単調だったり、
仕事のやりがいを感じにくい、
給料が下がる
といったデメリットがあります。

看護師の仕事が天職だと感じているガチキャリアナースいます。

彼女と相談して、
看護師の仕事を縮小し家庭を優先させるか、

はたまた専業主婦になりたいのか、
今まで通りバリバリ看護師として働いていきたいのか、

彼女の希望を聞いてみましょう。

選択によって

男性の結婚生活への心構えは変わってきますので

必ず相談しておきましょう!

共働きで彼女が看護師を続けていくなら完璧な家事を求めるのはあきらめよう。

経済的理由、
彼女の社会的地位の確立や仕事へのやりがいが強い

看護師でも共働き夫婦は多いものです。

でも、看護師を妻にもつ夫たちは

ズボラ飯、手抜き料理、時短料理に肯定派が多く、

忙しい彼女たちを支援してくれています。

結婚するときにそんな彼女たちを応援すると決心したのでしょう。

夫が休日に子供の世話をみて
その間に妻を遊びに行かせてあげる。

ほんとよくできた素敵な旦那さんを耳にします。

一方、離婚してシングルマザーな看護師も非常に多いのも現実です。

すれ違いや夫の不倫、家事分担のトラブル

様々な事情で離婚しているシングルマザーナースが多発しています。

そうならないように
共働きを継続していくなら

ある程度、彼女たちに完璧な家事を任せることを

潔くあきらめましょう!

すみっこの埃が気になる。
便器の汚れが気になる。

小さいことは気にしない精神が大事です。

というか、気になるなら男性がすればいいと思います。

共働きであれば、家事分担することは当たり前に近い状態だと思ってください。

彼女の仕事を応援してあげたいと決心した時点で

男性が家事を分担して行う覚悟はしてください。

忙しい彼女たちだってきっと思っています。

忙しいのに旦那はほんと何もしない!!
クタクタで帰って、「今日のご飯何ー?まだできないのー?」って言われた時イラっとする!お前がすれば?って思う。

看護師の主婦たちのリアルな声です。

もちろん、忙しいのは彼女たちだけではありません。

男性側だって忙しいですよね。

女性に家事をしてほしいって思いますよね。

そういう時は最新の家電で家事時短する方法や

料理に関しては妻に完璧を求めるのはやめて、
手抜き料理や時短料理、出来合いで間に合わせたりしてもいいと言ってあげましょう。

共働き夫婦が円満に結婚生活を送っていくポイントだと思います。

結婚する前に男性も時短家電で家事を好きになろう!

家電大好きな男

結婚しても、家事を分担できる夫になるためには
一人暮らしの時から、家事に慣れていくことが大事だと思います。

ここで、ポイントなのは
家事を完璧にするのではなく、
洗濯、掃除、料理など
好きになることから始めるのが大切なのではないかと思います。

私は一人暮らしを始めるまでは
本当に家事ができず、むしろ嫌いでした。

まずは形から入ろうと、最新の家電を買いそろえてから
すっかり家事が楽しくなりました♪

最新の家電たちは時短家電が多く、
忙しい現代人にぴったりなんですね!

その便利さにすっかり惚れてしまってから
家事が苦痛じゃなくなりました!

男性のみなさんも、
時短家電ぜひ試してみてください!

共働き夫婦なら必ず使いたいおすすめ時短家電ベスト3! 共働き夫婦ってほんとうに忙しいですよね? 看護師なんて残業が多いんで、ほんと家事がろくにできない!! 夫婦で分担して...

まとめ

くまみ
くまみ
では、おさらいです。

・まずは結婚する前に彼女が看護師を続けたいのかどうか、きっちり話合っておく。

・看護師の仕事を天職だと思いながら働いている人は少ない。

・仕事上、たくさん人の世話をしているので、家に帰っても世話を求めない。

・共働きであれば、家事分担は当たり前だと認識しておく。

・彼女が看護師を続けていく場合は時短家電を導入し、家事の負担を減らす。

・料理の手抜きは認めてあげよう。セブン─イレブンのお届けサービス セブンミールがすごい!

・家事に完璧を求めない

看護師の彼女と結婚するときの心構えを紹介しました。

リアルな看護師との結婚生活を事前に知っていれば
理想と現実とのギャップで苦しむこともないかな、と思います。

そして、男性も家事をして
妻の負担を減らしてあげたい。

そう思えることこそが、
今の忙しい現代社会の夫婦が
円満に結婚生活を過ごしていけるポイントだと思います!

【看護師の彼女が絶対喜ぶ!】誕生日プレゼント12選を厳選しました!看護師の私がおすすめする『看護師の彼女が貰うと絶対喜ぶ!』誕生日プレゼントを厳選してみました! 誕生日は1年に1度訪れるとても大切...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
急性期病院に勤務。中堅クラスになったのでそろそろ家庭を優先しようと思い、不妊治療目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に注目していた。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。