あるあるマンガ

看護師あるあるマンガ#21 ベテランナースにやらかした!とんでもエピソード!

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

何気なく始めた看護師あるあるマンガですが

たくさんの方たちに読んでいただき、本当に嬉しいです!

不倫やらヒステリー先輩やら

看護師業界のダークな姿をさらしてばかりなので、

久しぶりのほっこり系?を描きました!

今では主婦友のベテランナースパン田さん。

そんなパン田さんと仲良くなるきっかけがありました。

今回はパン田さんとの出会いを紹介します♪

ベテランナースのパン田さん!いよいよ看護師あるあるマンガに初登場!

機械浴

急性期の大きな病院だったので、機械浴が設置されていました。

機械浴とは??寝たきり患者さんでも温かいお湯にゆっくり浸かることができる、
劇的な入浴方法なんです。

毎週、機械浴の担当曜日があり各病棟で決められていました。

そして、お風呂当番というものを決めて1日中、機械浴を担当することがあるのです。

新人の頃、はじめて機械浴の担当になりベテランナースのパンダさんとペアでした。

たくさんのスタッフがいるため、あまり関わりのなかったパン田さん。

しかし、看護師歴15年というベテランナース。

失敗しないように気をつけよう、迷惑かけないように気をつけようと、
緊張しつつ意気込んでいました。

がんばれくまみ!はじめての機械浴担当

機械浴イラスト

病棟のスタッフたちがストレッチャーで順番に、患者さんを移送してきます。

そして、入浴介助を行うのがお風呂当番の役割です。

ストレッチャーを機械浴の横に設置し、ストレッチャーが横にスライドして、
浴室に浸かることができるんです。

すごいですよね。

パン田さんに教えてもらいながら入浴する前にストレッチャーの上で、
シャンプーや体を洗うよう指示されました。

くまみはシャンプー担当になり、シャワーのお湯を出すよう指示されます。

機械浴シャワー

いや、もうほんとにくまみは自分が嫌になるほど、
おっちょこちょいなんです。

ここでもやらかしてしまったんですよね・・・。

シャワー介助

パン田さんが『水圧が強いから気をつけて』と言っていたのに、

緊張と気合いが入りすぎてしまい、シャワーのお湯を勢いよく出してしまいました。

なんでこんなに水圧強いの!?

と今になって思いますが・・・

もちろん、シャワーは暴れます(笑)

勢いあまって手に持っていたシャワーを、手を滑らせて落としてしまったんです。

シャワー水圧強くて暴れる"

暴れん坊シャワーのターゲットはもちろん・・・。

暴れるシャワー。

とんでもないことに、暴れるシャワーは

ベテランナースパン田さんをターゲットにし、
パン田さん目がけて吹き出すシャワー。

シャワーのお湯がかかる 唖然

ビショビショのパン田さん。

くまみはこの瞬間、サーっと青ざめたようになりました。

くまみ
くまみ
やってしまった。こりゃ、怒られる・・・。

そんなくまみの姿を見て、パン田さんはこう言いました。

笑うパン田さんいい人

くまみに気を使わせないよう笑って許してくれたのです。

しかし、とっさの行動で患者さんの持ち物のタオルで拭いてるじゃないですか!?

患者さんもいい人

ラッキーなことに患者さんも、とってもいい人でタオル使ってね、と言ってくれました。

二人ともほんといい人で助かりました。

もし、これがヒステリー先輩だったら・・・。

くまみ
くまみ
ガクブルガクブル・・・。考えるだけでゾッとします(泣)
看護師あるあるマンガ#17 新人看護師が先輩に言われたキツい言葉リアル4選! 看護師の世界は患者さんの生命に関わる仕事のため 教育がついつい厳しくなりがちです。 先日、最近の看護師教育事情につい...

まとめ

あるあるマンガを描いていて、看護師時代を振り返っていると、
ほんと、やらかしたことが多いです。

でも、パン田さんには悪いことをしてしまいましたがこのことがきっかけですっかり意気投合。

今では笑いのネタです。

看護師ってつらい事が多いですし、厳しい先輩たちも多いですが
ベテランナースになっても相手の気持ちを汲み取ってくれたり、
親切にしてくれる人はいます。

本当に尊敬ですよね。

いじわるなベテランナースじゃなくて、パン田さんのような笑って許せる寛大な心を持ったベテランナースになりたいと思いました。

看護師あるある22
【看護師あるあるマンガ#22】名探偵くまみ!?血痕を追っていった先には・・・
>>次のマンガ

看護師あるある20
【看護師あるあるマンガ#20】新人ナースが信頼する先輩にうらぎられた!衝撃事実発覚!
<<前のマンガ

ABOUT ME
くまみ
くまみ
急性期病院に勤務。中堅クラスになったのでそろそろ家庭を優先しようと思い、不妊治療目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に注目していた。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。