看護師

【実話】新人看護師の指導方法が厳しすぎて、ヤバイ看護師を生み出した!

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

看護師をしているみなさん!
一度は悩み、なかなか上手くいかずに立ち止まってしまう。
看護師をしていればこれを通らずにはいられない!

その名も新人教育という壁!!

初めて新人教育をするとき、
みなさんはまず何を参考にされましたか?

本で勉強する人もいれば
近年であればネットで情報収集する人も多いかもしれませんね。

そんな中で、一番参考にしているのは
自分を教育してくれた先輩たちを
参考にしている人多いのではないでしょうか?

私の時は、厳しく育てられた。
あの時はつらかったけど、乗り越えたおかげで今がある!
だから、後輩にも厳しく指導する!!

しかし、時代は変わりゆくもの。

看護師の世界でも
今までの教育方法はもう通用しない時代
来ているかもしれません。

実は、そう思わされる悲しい出来事がありました・・・。

これから教育に関わる方
ベテランの教育者の方
ぜひ参考にしてみてくださいね!

看護師の世界は先輩が厳しいのは当たり前?

怒る看護師

この仕事は患者さんの命に関わるため
何かと厳しいと感じることありませんか?

自分のちょっとしたミスで患者さんの命を左右する
責任感に押しつぶされそうになることもあります。

そんな責任感と緊張感の強い現場では
ついつい先輩の指導が厳しくなりがちです。

私も新人の頃は厳しい先輩方が多かったです。

質問攻めで答えることができないと
「そんなことも知らないの?」
と冷たい言葉を吐かれ、

不慣れな看護技術を見て
「なんでできないの?よくそれで看護師やってるね?」
と落ち込むような言葉も浴びせられました。

患者さんの命に関わる仕事だから仕方ない・・・
と思う反面、
なんでこの人たちはこんなに傷つく言葉を吐くのだろう?

忙しくてイライラしてるからって
立場の弱い新人に憂さ晴らしをしているのだろうか?

一部の厳しい先輩には負の気持ちを抱いていました。

でも、先輩の中には
今後看護師として困らないよう
熱心に指導してくれて、
何より患者さん思いなステキな先輩もいました。

そんな親切な先輩を尊敬し、
自分が教育する立場になった時には

尊敬する先輩のように指導しよう
と思ったものです。

心無い言葉を吐くような
憂さ晴らしにしか見えない先輩たちを
反面教師にしようと心に誓いました。

しかし!!
残念なことに
厳しい環境の中で育った
ある後輩たちは

非常に残念な結果になってしまいました。

看護師のリアルな教育現場。厳しすぎる指導が生みだしたものとは?

暗い病棟

みなさんは厳しく指導され
教育する立場になったとき
どちらのタイプになりましたか?

1.後輩たちには同じような辛い気持ちを味わってほしくないから優しく指導する

2.自分は厳しく育てられたんだから、同じように指導するのはあたりまえ

今回は2のパターンの教育方法によって
とある後輩たちがどう育っていったのか紹介します。

・・・

私が就職してから、
数年たっても厳しい先輩たちの指導は相変わらずで
心無い言葉を浴びせられる後輩たち。

しかし、私たちの世代と違い
怒られることに慣れていない
いわゆるゆとり世代の子たちでした。

コミュニケーションも苦手で
職場の飲み会には参加しない子たち。

仕事よりもプライベートを大事にするタイプ。

そんな後輩たちは先輩たちの逆鱗に触れることも多く
いつにも増して指導は厳しくなっていました。

さてさて、厳しい環境を乗り越えたゆとり新人が数年後どうなったと思いますか?

ゆとり新人たちの下に新たな後輩たちが入職してきました。

初めての後輩に優しく接するのだろうか?
そう望んでいたのですが

あろうことか、とんでもなく厳しいのです。

後輩
後輩
えっ、なんでそんなことも知らないの?
後輩
後輩
それぐらいできて当たり前だから。

そして、ある程度経験を重ね先輩に頼る必要もなくなり、
知識と技術を身につけ
自信に満ち溢れた後輩たちは怖いもの知らず

なんと、先輩に向かって

後輩
後輩
今、忙しいんで自分でやってもらっていいですか?

あまりの態度の悪さに上司が注意すると

後輩
後輩
私たちは先輩から同じように指導されたから、同じようにしているだけです。何がいけないんですか?

何も言えなくなってしまった上司。

だって、そんな風に育てたのは
あなたたち上司ですからね。

負の連鎖は止まらず
厳しい指導から生まれたのは

同じような厳しい教育者

いや、それ以上にひねくれた看護師を

生み出してしまったのでした。

今から始めよう!看護師の新しい教育方法を紹介!

ホメシカ理論最高

ホメシカ理論ホームページより画像引用

厳しい指導者からは同様の厳しい指導者を生み出す

果たして、このままでいいんでしょうか?

実際、看護師業界の厳しい指導に耐えられず
辞めていった新人を何人も見てきました。

そして、そんな環境で働いてても
気持ちのいいものではありませんよね。

昔は厳しかった。私の時はもっと厳しく育てられた。

そして、先輩の指導方法を参考にする。
そうやっていつまでも同じような指導方法
受け継がれてしまうのではないでしょうか?

私も看護師の世界は厳しくても仕方ないと思っていたのですが

ある本に出会ってから、すっかり考えが変わりました。

ゆとり世代が社会人になり、
今までの教育方法が通用しない!という衝撃尚且つ、
納得内容でした!

ゆとり世代の生態が詳しくわかるだけでなく、
最新の教育方法を学ぶことができます!

もっと詳しく知りたい方はをこちらの記事↓をどうぞ♪

【最新】看護師プリセプターの悩み。新人ゆとり世代の生態を知ると悩みが解決!? 看護師っていろいろな悩みがありますよね。 人間関係、勉強、残業、恋愛 そして、看護師の誰しもが通る道 新人教育! ...

まとめ

患者さんの命に関わる仕事ですので
看護師の指導は厳しくて当たり前!!

でも、それはすでに昔のことで
今の時代に合った教育方法が看護師でも求められていると思います。

それは考え方が甘い!

なんて思うかもしれませんが、
最近の新人や若い子たちの指導がうまくいかない
何を考えているのかわからない
現場の先輩看護師で悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

私がおすすめする『ホメシカ理論』
読んでみるだけでも教育で悩んでいる気持ち
少しでも楽になること間違いありません!
気になる方はこちらの記事↓で詳細掲載しています!

【最新】看護師プリセプターの悩み。新人ゆとり世代の生態を知ると悩みが解決!? 看護師っていろいろな悩みがありますよね。 人間関係、勉強、残業、恋愛 そして、看護師の誰しもが通る道 新人教育! ...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
急性期病院に勤務。中堅クラスになったのでそろそろ家庭を優先しようと思い、不妊治療目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に注目していた。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。