あるあるマンガ

看護師あるあるマンガ#37(後編)夢と希望であふれる新人ナースに事件が!

前回の続きです!

看護師あるあるマンガ#36(前編)夢と希望であふれる新人ナースに事件が! あるある漫画を考えてるとき、ネタで多いのがやはり 新人ナース時代のことをよく思い出します! ほんと、濃密な1年間でネ...

病棟に配属され2日目にして、事件発生です!

いきなり、ぬーっと出てきたおばあちゃんに体温計を渡され、すでに事件なニオイがしますが

ここからが本当の事件発生です。

病棟配属2日目にして、看護師をやっていけるのかさっそく不安になる。

看護師の先輩は恐すぎる

いきなり激怒されましたー!!!

病棟配属たったの2日目!!!

なんか、よくわからないけど体温計渡されてそのまま報告しに来ただけ!!!

看護師あるある先輩の怒り方ハンパない!

看護師あるあるですが、先輩の怒り方ってほんとハンパなく恐い!!

確かに、なんの発熱か知らずに体温計を詰め所に持って行った行為は浅はかでした。

でもそんなキツイ言い方する必要あるか!?と思いますが・・・

新人が入職してとんでもなく忙しい。 看護師はマンパワー不足

そう、この時期はマンパワー不足でとにかく忙しいい!!

新人指導に人手を取られ、教育担当以外の先輩たちは

クソ忙しい!!!!

そんな病棟事情を、つゆ知らず

イライラMAXの先輩に声をかける新人。

まぁ、腹が立ったんでしょうね(笑)

この後、今日の振り返りをしたらすぐ帰れる新人。

まだまだ、仕事が山積みの先輩。

そりゃストレスも溜まりますよね。

自分が2年目ナースになって気づいたこと。

看護師2年目

約1年経過し、なんとか暗黒の新人時代を乗り越え、2年目ナースになったくまみです。

初めて後輩ができて、さっそく翌日からシャドーイングが始まると聞きます。

シャドーイングとは、先輩ナースについて行って、見学することです。

日勤終わりに翌日の患者受け持ち割りが出ていたので確認してみると、

恐ろしい受け持ち患者の人数・・・

まるで、夜勤並みの人数です。

初めて後輩ができた

この年の新人看護師の人数は4人!!

そう、4人のスタッフが新人を担当することになります。

さらに、ちょうど妊娠中のスタッフが切迫で入院。

さらにさらに、中堅ナースが骨折。

しかも、オペ入院や検査入院がわんさかで緊急入院も多く満床!!

これでもか!と言わんばかりに重症患者も多い!!

もともと、看護師なんて人手不足と言われているのに、

いろいろな事情が重なり、重度のマンパワー不足!!

あんなに忙しかったのは看護師人生で初めてでした。

師長から緊急入院の指示

2年目になって、なんとか重症患者さんも任せてもらえるようになりました。

そして、くまみを探す師長の声・・・。

師長の用事なんて嫌な予感しかありませんよね・・・

こんなに忙しいのに緊急入院!!!

他の先輩たちは、もっと重症な患者さんや

術後の患者さんなど、くまみよりもエグい受け持ち状況でしたので

くまみしかいなかったんですね・・・

緊急入院の患者さんがまさかの大当たり!

いや、ほんと大当たりでした!!!!

もう家族が連れてきた時から、認知症の症状がひどすぎて

こっちのオーダーが入らない。

何度入院の必要性を説明しても通じない。家に帰るの一点張り。

治療しないと危険な状態だったので、医師の判断、家族の希望で強制入院!

点滴をすることになり、もう大暴れの大興奮!!

スタッフ大勢集まって来て、みんなで抑えます。

気づけば、就業時間は22時・・・。

消灯時間で、病院も真っ暗・・・

看護師先輩に感謝

ここで、根津さんにつながります(笑)

新人の頃は、あんなに怒鳴られるほどのことだったのか不思議に思っていましたが、

こんなに忙しいなんて知らず、そりゃ、イライラもしますよね・・・

まとめ

忙しすぎると、心に余裕もできずついつい新人に当たってしまう看護師は多いです。

でも、普段は優しかったり、患者さんに親切だったり。

新人の頃は、何でこの人たちこんなに恐いんだろう、と疑問でしたが(笑)

ほんとに、この時期の忙しさは、人格変わっちゃうほどの忙しさだと知りました。

新人の時なんて、自分のことでいっぱいいっぱいだし、病棟の事情なんてのも知らないし、仕方ないのかもしれません。

新人を育てるために、裏で激務を担っている人たちがいることを改めて知りました。

看護師あるある33
【看護師あるあるマンガ#38】白衣の天使から教わった素敵な看護観
>>次のマンガ


【看護師あるあるマンガ#36】(前編)夢と希望であふれる新人ナースに事件が!
<<前のマンガ

くまみ&くまえもんLINEスタンプ
ABOUT ME
くまみ
くまみ
急性期病院に勤務。中堅クラスになったのでそろそろ家庭を優先しようと思い、不妊治療目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に注目していた。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。